2011年05月20日

Philip Baileyプロデュースのゴスペルクワイヤアルバム

Philip Bailey(フィリップ・ベイリー)はEarth,Wind & Fire(アース・ウィンド・アンド・ファイア)の活動が休止していた80年代のソロ活動の中に力をいれ、一般的にはPhil Collins(フィル・コリンズ)と製作したアルバム「Chinese Wall(チャイニーズ・ウォール)」がヒットしました。

しかしそういったポピュラーシンガーとしてだけではなくゴスペルシンガーとしての活動にも力を入れていました。

1983年の「Continuation」, 1984年の「Chinese Wall」, 1986年の「Inside Out」の3枚はColumbia(コロンビア)からリリースするのと重なって

ゴスペルレーベルのWords Recordsから1985年「The Wonders Of His Love」,1986年「Triumph」,1989年「Family Affair」という3枚のアルバムをリリース。
最初の2枚は83年Continuationと同じくGeorge Duke(ジョージ・デューク)プロデュース。

(現在なぜかThe Wonders Of His Loveのみプレミアム価格;)
その後SONYからWordsの3枚から選曲したBest of Philip Bailey: A Gospel Collectionというアルバムもリリースされました。

その他にもいろいろとゴスペル関連の活動はあるのですが、今回紹介するのは
珍しくクワイアものに携わっている一枚



続きを読む
posted by magicbroom at 22:08 | Comment(0) | Solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

Sheldon Reynolds Project presents Earth Wind and Fire Tribute (Feel Good)

1980年代にEarth,Wind & Fireがいったん活動を休止したのち、再始動したときにメンバーとして活躍したSheldon Reynolds(シェルダン・レイノルズ)
Maurice White(モーリス・ホワイト)がステージから退くことを発表した際には
自分の代わりのメインボーカルにすることを宣言したこともありました。
(その後ほどなくシェルダンはアースから脱退してしまいましたが。)

そんなSheldon Reynoldsが2011年4月12日にiTunes Music Storeにて
Earth,Wind & Fire Tribute(Feel Good)をリリース

Earth Wind and Fire Tribute (Feel Good) - Sheldon Reynolds Project
(iTunesが起動します)

収録曲は
続きを読む
posted by magicbroom at 22:44 | Comment(0) | Cover | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。