2009年05月02日

Earth,Wind & Fire Experience @ Billboard Live

今年(2009年)のAl McKay All Starsの来日公演も一通りしゅうりょうしましたので、細かいレビューを書いてみたいと思います。

僕が参戦したのはビルボード大阪4月27日1stステージですので
大阪の2ndステージ、4月28日、29日のビルボード東京、5月1日のビルボード福岡の公演とはセットリストなどは多少異なるかもしれません。

さてレビューですが

まずは会場に入場し、ステージを見た瞬間から「去年とは違う」という雰囲気を感じました。

AL-3.jpg

去年はブルーノート系列でのツアーだったため、名古屋公演をみました。ステージの大きさの関係もあると思いますが、名古屋ではアルの立ち位置は右の少し後ろで、どちらかというとバックミュージシャンの位置。
しかし今回はドラムの前のステージ中央に二つのギターアンプにはさまれた中心。

これだけでもきっとアルのテンションは違うだろうとワクワクしていたら、始まってみると今年のアルは一曲目からエンジン全開!!

ギターの音の設定でちょっと違和感を感じているように見えましたが、そんなことはグルーブで押し切っていました。

3人のボーカルも一曲目から汗をとばしながらの熱唱。
この3人がボーカルになってからは、リズムの刻み方やメロディの取り方がモーリスやフィリップと同じでアースの音楽として自然に聴くことができます。
(もちろん決してモノマネをしているのではなく、歌い回しのロジックをコピーしているという感じ。)
彼ら自身の研究の成果なのか、アルの指導なのかわかりませんが、今のボーカリストになって、アルがこだわる
「Earth,Wind & Fire Experience」の度合いが格段にあがりました。

同じことがホーンセクションにも言えるかと思います。
ボーカルの節回しだけでなく、やはりホーンの節回しも重要。
アースのコピーバンドは数多くありますが、
技術的な問題もあるのか、どうも違和感を感じる演奏が多い。
(個人的には技術的というより、研究不足だと思いますが)

しかし、そのあたりもやはりAlMckay AllStarsは違う。
なんといってもPhoenix Horns(フェニックス・ホーンズ)のMichael Harris(マイケル・ハリス)がトランペットにいます。

細かな部分や、サックスソロの部分までアースの演奏として違和感のないものでした。

オーサカ=モノレールの平石勝俊さんも去年はちょっとまだバンドから浮いていた感じが否めませんでしたが、
今年は完全に一体化していました。
あのスライド操作の正確さがなければ、アースサウンドの再現は難しいかと思います。

こうして完璧に1970年代後半から1980年代前半のアースのグルーヴを受け継いだアル・マッケイ・オールスターズはアースのコピーバンドでは決してありません。

本家アース・ウィンド・アンド・ファイアがサウンド面での進化を追求する中、アルマッケイ・オールスターズはサウンド面よりもグルーヴ面の進化を追求したグループで、
1970年代後半のアースから同じDNAを受け継いだ「クローン・バンド」だと言えます。

全曲を通して最高だったのですが、個人的には名曲の多い「All'n All(太陽神)」に収録されているため、埋もれがちな「Magic Mind」(ファンにとっては埋もれていないでしょうけれど。。)をここしばらく研究していたので、
かなりテンションがあがりました(笑)

4月27日の1stステージのセットリスト

On The Way Up(入場曲)

1.Serpentine Fire
2.Got To Get You Into My Life
3.Shining Star
4.After The Love Has Gone
5.Reasons
6.In The Stone
7.Fantasy
8.Jupiter
9.Getaway
10.Magic Mind
11.Let Your Feelings Show
12.Can't Hide Love
13.That's The Way Of The World
14.September

Encore:Let's Groove



Musician:

Al McKay / Guitars
Claude Woods / Vocals
Tim Owens / Vocals
DeVere Duckett / Vocals
Dean Gant / Keyboards
Ben Dowling / Keyboards
Michael Harris / Trumpet
Stephen Reid / Trumpet
Katsutoshi Hiraishi(from Osaka=Monorail) / Trombone
Ed Wynne / Saxophone
Freddie Flewelen / Bass
David Leach / Percussion
Aaron Haggerty / Drums


Amazonで「アルマッケイ・オールスターズ」をチェック


タワーレコードで「アル・マッケイ・オールスターズ」をチェック


HMVで「アルマッケイオールスターズ」をチェック

そのほかのアース・ウィンド・アンド・ファイア関連のアイテムを
AmazonのEarth,Wind & Fire Shopでチェック

Earth,Wind & Fire Store in Amazon

日本では入手しにくい輸入アイテムをAmazon.comでチェック(日本語解説あり)

Earth,Wind & Fire Store in Amazon.com

Earth,Wind & Fire Experience with AlMcKay AllStarsの
ファンキーなプロモ動画がYouTubeにありました

posted by magicbroom at 14:42 | Comment(3) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アル・マッケイ・オールスターズよかったですね〜♪
「クローン・バンド」という言い方は的を射ていると思いますよ。本当にすばらしいグルーブでした。

あと、ホーンセクションをフィーチャーしたMagic Mindは、想像以上によかったです。
あの曲の見方が変わりました(^^)
Posted by あつし at 2009年05月05日 23:22
初日の大阪の事、思い出します。。。TTWOTWのソロを目の前で見れてすごく幸せだった。。

ブログ引っ越されたのですね^^ こちらは重たくないので大丈夫でした^^v

すばらしいレビューありがとうございました!
またご一緒しましょうね^^ いや〜楽しかったです^^
Posted by Kim at 2009年05月15日 20:49
>あつしさん
レス遅れてすみません。。
Magic Mindよかったですよね!
もりあがります!!

>Kimさん
前のところはいろいろ使いにくくて
結局ここに引っ越してきました;
Posted by magicbroom at 2009年06月11日 02:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。