2005年09月30日

All'n All「太陽神」

Earth_Wind_and_Fire-All_N_All_b.jpg
All'n All 「太陽神」
最初はやっぱりこのアルバムを紹介します。
僕の中ではアースのベストアルバムだと思ってます!!

収録曲は
1. Serpentine Fire
2. Fantasy
3. In The Marketplace (Interlude)
4. Jupiter
5. Love's Holiday
6. Brazilian Rhyme (Interlude)
7. I'll Write A Song For You
8. Magic Mind
9. Runnin'
10. Brazilian Rhyme (Interlude)
11. Be Ever Wonderful
12. Would You Mind (Demo Version Of Love's Holiday)
13. Runnin' (Original Hollywood Mix)
14. Brazilian Rhyme (Live)

邦題では
1.太陽の戦士
2.宇宙のファンタジー
3.市のたつ広場(間奏曲)
4.銀河の覇者
5.ラヴズ・ホリデー
6.ブラジルの余韻(間奏曲)
7.聖なる愛の歌
8.マジック・マインド
9.ランニン
10.ブラジルの余韻(間奏曲)
11.ビー・エヴァー・ワンダフル
12.ウッド・ユー・マインド(ラヴズ・ホリデー・デモ・ヴァージョン)
13.ランニン(オリジナル・ハリウッド・ミックス)
14.ブラジルの余韻(ライヴ・ヴァージョン)



1977年の作品ですが、12〜14はリマスター盤が発売された時のボーナストラックです。
ボーナストラックはうれしいのですが、このアルバムは「Serpentine Fire」で始まって、
「Be Ever Wonderful」で終わるという流れで完結しているだけに、
ちょっと蛇足な気もします。

まずこのアルバム、「Serpentine Fire」でちょっとミドルテンポのノリでドキドキさせられ、盛り上がってきたときに、名曲「Fantasy」でフィリップの声に酔いしれ、「Jupiter」が終わるまでは息つく暇もない構成です。

ロマンティックな「Love's Holiday」と「Be Ever Wonderful」に挟まれたかくれた名曲「Brazilian Rhyme」も聴き逃せません。
「Brazilian Rhyme」は間奏でスキャットだけにもかかわらず、マーカス・ミラーや塩谷哲がカバーしてます。

そして「Magic Mind」「Runnin'」で再び盛り上がり、「Be Ever Wonderful」で最後にモーリスの歌に聴き惚れて終わる。

聴き終わったら幸福な気持ちに満たされます。
タグ:All'n All
posted by magicbroom at 10:01 | Comment(0) | 公式アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。