2008年07月22日

Runnin' by 7(seven)

日本のポップス界を支えてきたミュージシャン7人が
ドラムの村上ポンタ秀一氏のもとに集結し、結成された「7(seven)」
seven.jpg

そのアルバムが先日発売されました。
7(seven) (初回限定盤)(DVD付)
7(SEVEN)(通常盤)


7(seven)のメンバーは
村上秀一(Dr)
島健(Key)
井上鑑(Key)
後藤次利(Ba)
松原正樹(Gr)
本多俊之(Sax)
斎藤ノブ(Perc)

全員すごい人たちですねw

そんな7(seven)、アルバムの12曲目で、「Runnin'」をカバー。
しかもスキャットにはDANCE☆MANを迎えるというこだわり(?)ぶり。

「Runnin'」はEarth,Wind & Fireの名作「All'n All(太陽神)」に収録の
スキャットがおしゃれなナンバーですが、意外とカバーは少なく、
うちのiTunesに入っているのはLenny White Projectと
Devotied Spiritsくらいです。

このアルバム、全体の印象としては
いい意味で「可もなく不可もなく」という感じでしょうか。
全体的によくできたアルバムなのですが、それほど攻めている部分もなく、
そんなアルバムの中で、一番とがっているのが、この「Runnin'」だと思います。

個人的にはこのトラックのためだけに購入して正解だったとは思っていますが。。

他の収録曲は
01: SOME SKUNK FUNK
02: SPLASH
03: FREEDOM JAZZ DANCE
04: A MEMORY OF MAJORCA
05: GYMNOPEDIES NO.1
06: YENSHU TSUBAME GAESHI
07: 199X
08: AMAPOLA
09: MEMORIES B2
10: - BLUE LAGOON
11: - ROOM SAND
12: - RUNNIN'
13: FREE AS A BIRD
14: JAM REPORT

一曲目のブレッカーブラザーズのカバーは、BPMを抑えたアレンジになっていますが
やっぱりこの曲はスピードがあってナンボって印象が個人的にあるのでちょっと消化不良。。

あとはフライドプライドのSHIHOさんをスキャットでフィーチャーした
サティのジムノペディの1番もおもしろかったです。

他には渡辺香津美さんをゲストに迎えたトラックなどもあります。

13曲目はジョンレノンの曲。
posted by magicbroom at 01:55 | Comment(0) | Cover | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。