2009年12月10日

Live in OSAKA,2nd Day

Earth,Wind & Fireの2009年の来日公演が盛り上がっています!

12月7日の大阪初日に続いて12月9日の大阪2日目の公演に行ってきました。

会場は同じく大阪は湊町リバープレイスにある「なんばHatch」

8日はzebraheadのライブがあり、それを動かせなかったからか
こういう中1日あく変則的なスケジュールになってました。

9日は、なんばハッチさんも少し手馴れたのか、
開場時間18時の前に、
17時30分〜50分まで、グッズの先行販売をしていました。
(写真を撮れるVIPパスは開場後)

その間はチケットのない人でも購入できるとのことでしたが、
もともと、人通りがほとんどないところなので
チケットのない人は通ってないと思いますが(笑)

ここからはまたネタバレになりますので
このあとの東京国際フォーラム、Zepp Sapporo、福岡市民会館などの会場に行かれる方で、セットリストや、ステージングなどを
見たくないかたはご注意ください。



1209-4.jpg




1209-2.jpg




1209-3.jpg




さて、7日は立ち見最前列で見ていたのですが、
9日は全体のステージングなどを見るために2階の指定席に。

ただ席についてみて、驚いたのは7日とステージの様子が違うこと。。

さっそくネタバレですが、7日と9日のステージ配置を

12月7日
091207stages.jpg

そして昨日(12月9日)が
091209stageS.jpg

そうなんです。前につきだした2箇所のお立ち台。。

なんだこれと思っていたのですが、
演奏中、メンバーもここまでのりだし、観客とハイタッチなどをしていました。

ああ、7日に乗り出し具合が不満で急遽つくったのかなと思っていたのですが、

ライブ終盤、「セプテンバー」で呼び込まれた8人のギャルダンサー。。。。。。。

4人ずつでセプテンバーとレッツ・グルーヴの2曲を踊って帰りました。

ただ、気になったのは振り付けが勝手すぎる。。

Davidや他のメンバーが要求する手の振り方と違う踊り。。。

おそらくメディアの企画でやったことなんだと思いますが、
どうせやるなら、もっとクオリティ高くやってほしいものです。。

ちょっと愚痴っぽくなっていまいますが、
なんばHatchの問題なのか、アース側の問題なのか
PAが微妙だったようです。

音量的にはバカみたいにでかい音量ではなく、
すべての音をきちんと聞き分けられる音量だったことはよかったのですが。。
(耳がつぶれるほどの音量を求める人には物足りなかったと思いますが(笑))

7日も気になったのですが、モニターのバランスがかなり悪く、
演奏しにくそうでした。

フィリップもそうですが、すべての楽器でモニターバランスがよくなかったみたいです。
(メンバーはかなりサインをバックに送っていましたが、最後まで改善されなかったようです。)

フィリップもおそらくKalimba Storyのときにカリンバの音がまったく聞こえていない様子でした。(フロントには出ていましたが)

あの状況で、あれだけの演奏をできるということに
さすがアースだなと思いながら見ていました。

セットリストは7日とほぼ同じ

intruduction
Boogie Wonderland
Jupiter
Serpentine Fire
Sun Goddess
Sing A Song
Shining Star
Kalimba Story
Percussion Battle (Philip vs Ralph)
Evil (with 'SUNNY')
Beijo (a.k.a. Brazilian Rhyme)
That's The Way Of The World
After The Love Has Gone
Reasons (with 'Betcha By Golly,Wow')
In The Stone
Devotion
Got To Get You Into My Life
Fantasy
September
Let's Groove
Mighty Mighty (with Let Me Talk)
Horns Medley
(Magic Mind,Let's Groove,Pride,Jupiter,Africano)

違ったのはMighty Mightyの最後にLet Me Talkのフレーズを歌ってメインの3人が去っていったことです。

内容的には、ドラムのジョン・パリスの歌うパートが7日と異なっていました。

7日はセプテンバーの出だしを歌っていたのが、9日のセプテンバーの出だしはフィリップでした。

そのかわりにSerpnetine Fireで少し歌っていました。

あと最近のアースで気になるのはやはり音楽監督のマイロンの好みなのかラテンフレーバーが強いことですね。
これもアースが円熟している証なのでしょうか。

明日からの東京、そして札幌、福岡、ソウルで楽しまれる皆様
いろいろチェックしてみてくださいね。
posted by magicbroom at 21:45 | Comment(4) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ステージ配置有り難う御座います。
 
福岡公演はホールなので、オーディエンスがどれだけ立ち上がるか不安ですが、頑張って6列目でスタンディングで通したいと思います。
 
EWFファン歴35年ですがもう福岡は無いだろうと思っていたので、GETAWAY演ってくれなくても、思いっきり楽しみたいと思います。
 
ダンサー登場や日本の芸能人(布袋とか・・・笑)のサプライズ登場が無いことを祈っています。
Posted by gonzalez at 2009年12月11日 21:01
アースのライブはスタンディングで通しても大丈夫だと思いますよ!

とくに今回はノンストップのようだし。

After the Love Has Gone 〜 Reasonsのあたりで座る人は出てくるかもしれませんが。

そっか福岡って久しぶりなんですね!
がんばって楽しんできてください!!!

ダンサーの乱入がないことを大阪から祈ってます。
Posted by magicbroom at 2009年12月12日 00:20
ダンサーズ、、まさかここ大阪であったとは^^; 楽しめると何でもありでよいのかも知れませんが。。。Anyway,,詳細なレポ、ありがとうございました^^♪
Posted by Kim at 2009年12月17日 01:47
>Kimさん
そうなんですよ。。。まさかの大阪登場。。。
Posted by magicbroom at 2009年12月17日 02:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。