2011年01月18日

Earth,Wind & Fireあるある

Twitterで2011年8月にEarth,Wind & Fire(アース・ウィンド・アンド・ファイア)が来日するとの情報を教えてくださった方がいらっしゃいます。

その方の情報を整理すると

7月28日 北海道(札幌)
8月1日〜3日 東京国際フォーラム
8月4日 名古屋
8月6日 大阪
8月8日 福岡

札幌、名古屋、福岡はZeppで。
大阪は未定だそうです。(大阪はZeppの移転でややこしいのかな?)

そして、驚きの情報として
8月1日〜3日については中央ブロックの200席分は
ファンの集い(ブルーノート東京・フルコース)がついているスペシャルチケット(5万円)だそうです。

もちろん正式発表までは、いろいろ変更があると思いますので
それまでいろいろ妄想をふくらませておきましょう(笑)

さて、本題ですが
Earth,Wind Fireほどキャリアの長いグループとなると
偶然というかいわゆる「あるある」な現象がよくあります。

まぁ来日するという噂があってもすぐにポシャるというのもある種「あるある」ですが(笑)
(毎年のように来日の噂が具体的に出てきますw)

しかし今回書きたいのはそれではなく、
「Earth,Wind & Fireが楽曲提供した映画はヒットしない」
というあるある

もちろん、アースのヒット曲を使用した映画で、ヒットした映画というのはあります。
(最近のものではナイトミュージアム(Night at the Museum)の1,2なんかがありますね)

そういう既存のヒット曲を使用したものではなく、アースが撮り下ろしで楽曲提供した映画です。

一番古いものでは
Sweet Sweetback's Baadasssss Song(スウィート・スウィートバック)」
Sweet Sweetback's Baadasssss Song (DVD)
Sweet Sweetback's Baadasssss Song (CD)

こちらはデビュー間もないアースが参加しているのですが
クレジットを見てもあまり詳細は分からず、どの程度アースが関与しているのかは不明。
ただこのサントラ盤を聴くと最初のアルバム「Earth Wind & Fire(デビュー)」と同じ曲を使用している部分もあります。
(タイトルは違います。)
またトラック中にはRamsey Lewis TrioのWade In The Waterも使用されています。

この映画、日本では当時未公開でした。
(数年前のDVD発売にあわせたリバイバルの時には単館系で上映されていました。)
アメリカでどれくらいの成績だったかは分からないのですが、
ブラックムービーということもあり、大々的にヒットはしていないと思います。

(IMDBによると予算$500,000 収益$15,180,000なのでアメリカではそれなりなのかな)

そしてこの「Earth,Wind & Fireあるある」最大の映画がやっぱり
1975年の「That's The Way Of The World(ザッツ・ザ・ウェイ・オブ・ザ・ワールド)」
That's The Way Of The World (DVD)
That's The Way Of The World (CD)
このサントラ盤は、Earth,Wind & Fireを代表する名作となっています。
さらに映画自体にもアースが出演していて、冒頭はMaurice Whiteのカリンバ演奏から始まるというなんとも贅沢な映画。
さらに全編にわたりアースの演奏が使われています。
もちろんメンバーはすでにいわゆる「黄金期」のメンバー。
若かりし姿を見ることができます。
また、劇中に何度か演奏シーンがあるのですが、実はストーリーとはあまり関係ない(笑)

そしてこの映画はヒットせず、さらにマスターが消失したとかでつい先日までは
幻の映画扱いでした。
ところがアースのアルバムは邦題「暗黒への挑戦」というタイトルで日本でもヒットし、これをきっかけにブレイクしたといってもいいくらいの作品ですが、このアルバムが映画のために作られたと知らない方も多いのでは?

ポスターでアースのメンバーの担当楽器がめちゃくちゃなのはご愛敬(笑)



そしてもう一つアースが出演した映画として有名なのが
Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band(サージェント・ペパーズ)」

Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (DVD)(日本のAmazonでは扱ってないようです)
Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (CD)

この映画はビージーズがビートルズコスプレをしている映画(笑)なんですが、
全編にわたりビートルズソングを使用しています。
サントラでも豪華アーティストが参加。
ビージーズはもちろん、アリスクーパーやらエアロスミスなども参加しています。

そしてアースはこの映画のためにRevolver収録のGot To Get You Into My Lifeのカバーを作成。さらに映画中にもアースとして出演。当時のスペイシーでイリュージョンなステージをかいま見ることができます(笑)



この映画は結局ヒットせず、日本ではソフト化もされなかったようで、
この映画を見たくてアメリカからVHSを取り寄せたりもしました。
その後DVDがリリースされましたが、日本では未リリースです。

IMDBによると予算$18,000,000、収益$12,900,000なので赤字ですね;;(その後のレンタル収入などで多少は取り戻しているんでしょうけれど。。)

ただこの「Got To Get You Into My Life」はアースの
The Best Of Earth,Wind & Fire Vol.1」に収録され、オープニングナンバーとして「これがただのベスト盤じゃない!」ということを印象づけた曲として広く知られ、この曲がビートルズカバーと知らず、アースのオリジナルと思っている人たちも結構いるようです。

ここまでは、That's The Way Of The Worldのアルバムがヒットしたり、Got To Get You Into My Lifeが広く知られたりと救いがあるのですが、実はもっと残念なものもあります。

それはまた次回に。(続く)

続・Earth,Wind & Fireあるある
posted by magicbroom at 15:20 | Comment(0) | trivia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。