2011年04月09日

Maurice WhiteとDavid Foster: Hit Man Returns

カナダの名プロデューサーDavid Foster(デビッド・フォスター)が2008年ごろから「David Foster & Friends」として自分がプロデュースしたアーティストを引き連れてライブを行っています。

2009年にはその模様を収めた「Hit Man: David Foster & Friends」が発売され、その内容の濃さに驚いていました。

そしてEarth,Wind & Fire(アース・ウィンド・アンド・ファイア)のファンとしては
2010年のDavid Foster & Friendsにアースも参加するという情報はうれしかったものです。
しかし2010年の日本公演ではアースは一緒に来日しませんでした(涙)
(まぁ単独のライブで集客できるので数曲のためにアースが同行するとは思えませんでしたが)

そんな2010年のアースが参加した「David Foster & Friends」のコンサートが映像化。
2011年3月1日に発売されました。
hitmanreturns.jpg
Hit Man Returns: David Foster & Friends [CD+Blu-ray]
Hit Man Returns(CD+DVD)

なぜか現在日本のAmazonでは上記のCD+Blu-rayは入荷の見込みがたっていないとのこと。
CD+DVDは表記をみているとCDのみっぽいかきかたですが、パッケージ自体がCD+DVDなので
(ジャケ裏表記をみても)DVDはついていると思います。

そんなこのHit Man Returnsの映像はアースファンは必見です。
なぜなら



まずバンドがIn The Stoneの演奏を始める中、David FosterがEW&Fを紹介。
Verdine White(ヴァーディン・ホワイト)、Philip Bailey(フィリップ・ベイリー)、Ralph Johnson(ラルフ・ジョンソン)の3人がステージへ。

そしてそのままDavidはピアノに座り一緒に演奏します。

さらにDavidのカウントでSeptemberへ。

その後自分の音楽キャリアはここから始まったといい、
After The Love Has Goneを歌い始めます。
(そのあたりの経緯はNHKのSONGSでも語っていましたね。)

Davidの歌い出しで始まるAfter The Love Has Gone。
サビ部分だけですが、なんて贅沢w

Verdine,Ralph,Philipの三人と合わせてPhilip Bailey Jr.を紹介したのはご愛敬。
そしてその後、最大の賛辞を持って紹介されるのがMaurice White(モーリス・ホワイト)

客席にいたMauriceのもとへDavidが駆け寄りハグをします。
この映像をみてDavid FosterにとってやはりMaurice Whiteは本当に偉大な存在なんだろうなと感じました。

そしてファンとしては最近のMauriceの姿をハイビジョンで拝むことができ幸せでした。

メイキング映像(Behind The Scenes)の中でもちらっとアースについて語っているところがありました。
(個人的にはその後ろにならぶグラミーの数に笑っちゃいましたがw)

CDにはIn The StoneとSeptemberのみ収録です。
posted by magicbroom at 19:09 | Comment(2) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
情報ありがとうございます!EWFももちろん好きですがDavid Fosterも大好き!
早速注文しました。楽しみ・・・
Posted by kaolu at 2011年04月18日 22:02
>Kaoluさん
前作のHit Manもなかなかの鳥肌ものでしたが、今回のもよかったですよ!!
Posted by magicbroom at 2011年04月23日 18:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。