2011年09月15日

Al McKay Allstars @Billboard Live Osaka 2nd stage

2011年9月13日(火)にビルボードライブ大阪で行われた
アルマッケイオールスターズ(Al Mckay Allstars)のライブに行ってきました!

夕方の予定の関係で2ndステージのみの参戦でしたが
1stと2ndの入れ替えの際に、1stに参戦した知人から
時間の関係(?)でアンコールはなかったものの、熱いステージだった!
と聞き、もう始まる前からあつくなっていました。

ここからはネタバレになるので、
15日〜17日の東京公演に参戦予定の方はご注意ください










今回のメンバーは

アル・マッケイ / Al McKay(Lead Guitar)
ティム・オウェンズ / Tim Owens(Vocals)
クロード・ウッズ / Claude Woods(Vocals)
ディビア・デュケット / DeVere Duckett(Vocals)
マイケル・ハリス / Michael Harris(Trumpet)
スティーブン・レイド / Stephen Reid(Trumpet)
エド・ウィン / Ed Wynne(Saxophone)
ジャスティン・カーク / Justin Kirk(Trombone)
ベン・ダウリング / Ben Dowling(Keyboards)
ディーン・ガント / Dean Gant(Keyboards)
フレディー・フルウェレン / Freddie Flewelen(Bass)
アーロン・ハガティ / Aaron Haggerty(Drums)
デイビッド・リーチ / David Leach(Percussion)

去年とはセカンド・トランペットがMatt FronkeからStephen Reidに変わっただけであとはいつものメンバー。

アルが持ってきたギターは去年とは違うものでした。
almckay2011-1.jpg

ライブのセットリストも例年通り。

最初にMCのフライングはあったものの(笑)
Al Mckay Allstarsのオリジナル曲「On The Way Up」にのって
オールスターズの面々が登場。

しかし、今年のアルはいつもよりテンションが高そうな感じ。

そして、「太陽神(All'n All)」収録の「太陽の戦士(Serpentine Fire)」でライブがスタート。
ビートルズカバーの「Got To Get You Into My Life」に続き
オーディエンスを巻き込んでの「Can't Let Go」(「黙示録(I AM)」収録)
そしてSaturday Nite(「魂(Spirit)」収録)のあとは
震災にあった日本のファンのために早く来たかったんだという言葉に続いて、
After The Love Has Gone(「黙示録(I AM)」収録)とReasons(「暗黒への挑戦(That's The Way Of The World)」収録)のバラード2曲で会場を魅了します。

そしてIn The Stone(「黙示録(I AM)」収録)で再び仕切り直し、そこからはメドレーで
Fantasy(「太陽神(All'n All)」収録)
Jupiter(「太陽神(All'n All)」収録)
Getaway(「魂(Spirit)」)
Magic Mind(「太陽神(All'n All)」収録)
Let Your Feelings Show(「黙示録(I AM)」収録)
Can't Hide Love(灼熱の狂宴(Gratitude))
そして
That's The Way Of The World
今回この曲はいつもよりも演奏するメンバーに力がこもっていたのは
きっと気のせいではないと思います。
歌い方もいつもよりひとつひとつのワードを語りかける様に歌っていました。
そしてアルのギターソロもおなじみのフレーズではなく、
「祈り」のようなソロでした。
それはきっとこの歌詞の様に
「子どもがうまれ」「花がそだち」そうやっていくことがこの世界なんだと
震災後の日本にメッセージを送ってくれているんだと思います。
(勝手な思いこみかもしれませんが。。)
まさに今の日本にとってはいろんな意味で「暗黒への挑戦」という邦題とつながった瞬間でした。

そしてラストはSeptember(ベスト・オブEW&F Vol.1収録)

2ndはアンコールもありました。
Let's Groove(天空の女神収録)
Outta Hereで終了。

今回はCD購入者を対象にアルとボーカル3人のサイン会があったようです。

扱っていたCDは
6月に発売された
オールタイム・ベスト・オブ・EW&F~太陽の祝祭
このオールタイムベストはEW&F名義なのでボーカル3人は関係ないということで
アルのサインのみです。

アルマッケイオールスターズ名義の
ライヴ・アット・マウント・フジ・ジャズ・フェスティバル2002
太陽の刻印~新世紀伝説(Al Dente)
(どちらも1000円の廉価版)
Al Denteの方はアルマッケイオールスターズの唯一のスタジオ盤で、EW&Fのカバー中心です
マウントフジは今とライブアレンジが少し違います。

今回の販売商品でなんといってもおすすめなのは
Live In Europe
liveineurope.jpg
こちらはアルのオフィシャルサイトのみで販売なので日本では入手しにくいのと
もちろん内容が最高。

日本のビルボードライブの一時間尺のライブでは聴けない曲も聴ける
2枚組CDです。

このあと本日9月15日〜17日まで東京公演があります。
参戦される方、もりあがってきてくださいね!

(追記)
set listちゃんと書くの忘れてました;

The Al McKay Allstars Live at Billboard Live Osaka on Sep.13th,2011 2nd Stage

intro (On The Way Up)
Serpentine Fire
Got To Get You Into My Life
Can't Let Go
Saturday Nite
After The Love Has Gone
Reasons
medley
-In The Stone
-Fantasy
-Jupiter
-Getaway
-Magic Mind
-Let Your Feelings Show
-Can't Hide Love
-That's The Way Of The World
-September
(encore)
Let's Groove
outro
posted by magicbroom at 15:48 | Comment(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。